義援金・支援金

 

義援金

共同募金会では災害発生時に、災害被災者支援のための義援金を受け付けています。お寄せいただいた義援金は、全額被災した都道府県に届けられ、義援金配分委員会の決定にもとづいて、被災者に義援金が公平に配分されます。

被災者が安心できる生活を一刻も早く取り戻すため、災害義援金は役立てられています。

(災害義援金は、災害が発生した際に募集するもので、共同募金運動とは別の取り組みです。)

現在募集中の義援金についてはこちら

 

支援金

災害が起こった際、被災地では、緊急的な支援をはじめ、生活やコミュニティが再建されるまで、長期間にわたりさまざまな支援が必要となります。共同募金会では、被災地でボランティアやNPO活動などを行う、“支える人を支える募金”を受け付けています。

現在募集中の支援金についてはこちら

 

 

※義援金と支援金の違い

「義援金」とは被災者へ直接送られるもので「支援金」とは被災者を支える支援者、活動のために使われるものです。

 

その他、災害への対応

災害等準備金

大規模な災害が起こった際のそなえとして、各都道府県の共同募金会では募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。