障がい児・者に関すること

「きずな」とは・・・"市民とともにつくられた、市民とともに取り組む5か年計画の福祉活動計画"です。地域にある行政だけでは解決しにくい生活課題を地域福祉の推進役として位置づけられている「社会福祉協議会」が中心となり、地域住民、関係機関・団体、企業等により、福祉のまちづくりをめざして、それぞれにできることをまとめた行動計画です。登別市社協ではこの計画の愛称を「きずな」としています。現在は第3期計画に基づき、取り組みを推進しています。 「きずな」は誰がつくるの?アンケート調査や住民座談...
 在宅生活での入浴が困難な重度障がい児に入浴サービスを提供することにより、身体の清潔を保ち、家族の介護負担の軽減を図ります。 この事業は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)に基づく地域生活支援事業のうち、登別市が行う登別市重度障害児入浴サービス事業であり、平成27年から登別市の指定を受けて実施しています。 対象となる方 登別市内に居住する重度障がい児のうち、自宅での入浴が困難な方で、登別市(担当:障がい福祉グループ)へ利用の申し込みを行い...
地域活動支援センターとは 地域で生活する障がい者に対して、創作的活動の機会の提供、社会との交流の促進等を図るとともに、各種活動の場を提供する事で、自主的な活動やお互いに協力した活動を支援し、社会的交流や社会参加の推進を図る場所です。 地域活動支援センターは、障害者総合支援法(平成25年法律)において、市町村の必須事業と規定されており、平成18年10月1日から実施しています。 対象となる方 障害者手帳をお持ちの方で、登別市(担当:障がい福祉グループ)へ利用の申し込みを行い、利用決定を受けた...
福祉用具貸出事業 介護保険や障がい制度に該当しない方や、一時的な怪我などで福祉用具の利用が必要な方を対象に、福祉用具を貸し出し、日常生活や外出を支援します。 貸し出し物品 車椅子・歩行器・ポータブルトイレ・シャワーチェア など 利用対象者 登別市に居住し、次のいずれかに該当する方 福祉用具使用時に公的制度を利用できない方 病気や怪我などで一時的に福祉用具が必要な方 福祉教育を推進するために福祉教育用具が必要である場合 その他、本会会長が認めた方貸し出しについて 原則として来所いただき...
小地域ネットワーク活動とは…町内会が主体となり、高齢や障がいなどによって支援を必要とする方々への地域の見守り・支え合い活動です。また、登別市、登別市連合町内会、登別市民生委員児童委員協議会と連携し、災害時や緊急時を意識した平常時からの見守り・支え合い活動の全市展開を目指しています。※小地域ネットワーク活動推進事業 実施要綱 小地域ネットワーク活動の内容①地域で支援を必要とする方々を把握するため、「きずなづくり台帳(福祉台帳)」及び「きずな安心キット(救急医療情報キット)」を配布します。②「きず...
鍵預かりサービス事業とは・・・ひとり暮らしの高齢者などの鍵を地域の24時間対応の福祉施設でお預かりし、もしもの時には地域の事業協力員が鍵を取りに行き、ご本人の安否確認を行う仕組みです。        対象となる方・75歳以上のひとり暮らし高齢者・認知症や障がいによって必要性を感じる方  など現在登別小学校区、若草小学校区、鷲別小学校区、幌別中学校区(幌別東小学校区、幌別小学校区)で実施し、今後は順次対象校区を拡大予定です。 市内協力福祉施設・特定医療法人社団...
働く障がい者と地域のきずなづくり推進事業とは…障がい者が安心して暮らせる地域づくりをめざし、働く障がい者と地域住民や企業とのきずなづくりに取り組み、障がい者の就労や自立生活の実現を応援することを目的に本事業の推進に取り組んでおり、登別市内にある障がい者授産施設等の協力により展開されています。 働く障がい者と地域のきずなづくり推進事業の内容地域住民の方々にそれぞれの施設における取り組みやこだわりの商品を知っていただくため、カタログ(きずなブック)とパネルを作成しました。「商品のこだわりなどが...
地域拠点づくり整備事業とは・・・小学校区ごとの地域福祉の拠点整備を進め、校区内の福祉活動の円滑な推進を目指すものです。みんなの居場所「しゃべっ茶お」     鷲別小学校区きずな推進委員会で運営している、子どもからお年寄り、障がいのある方まで地域の誰もが集うことのできるみんなの居場所です。ぜひ気軽に遊びに来てください!活動場所:鷲別小学校多目的ホール(鷲別町4-36-21)活動時間:毎月第2土曜日、第4火曜日 10:00~12:00※活動日が変更となる場合もあります。詳しくは登別社協(88-086...
民生委員・児童委員、主任児童委員とは…民生委員・児童委員とは、地域住民のなかから選ばれ、自らも住民の一員という性格をもち、担当区域における住民の見守りや相談活動を行ないます。主任児童委員とは、子どもや子育て家庭への支援を専門に担当する民生委員・児童委員であり、担当区域はもちません。厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員であり、無給のボランティアとして活動しています(活動に必要な電話代・交通費などに充てる実費弁償費の支弁があります)。 民生委員・児童委員活動の内容①高齢者などの見守り・...